特別感を演出してくれる寿司

回転寿司ではなく、専門店の寿司屋のカウンターで食べるお寿司は、とても高級な感じがし、私の家では、年に1回位しかいけません。

その日は、家族の誰かの誕生日です。いつも行きつけのお寿司屋さんがあります。事前に、予約する時もあれば、そうでないときもあります。浜松にあるお寿司屋さん「五代目山口屋」というのですが、魚のネタは大体のものが食べられるので、その日に入ったオススメのものをいつも頼みます。どれを食べても活きがよくおいしいです。
いつも行く回転寿司とは違い、日本の昔からある寿司屋って感じで、とても美味しく感じます。また周りの雰囲気も違うので、雰囲気も大切にしています。
最近は、回転寿司でも、回っている寿司をあえてかとらず、寿司を握る店主がカウンターの中に何人かいるので、その人に直接頼むことができます。そしたら握りたての寿司を握ってもらうことができます。回転寿司でもカウンターで食べる寿司みたいな気分にさせてもらえます。そうすることで日常は、満足している自分がいます。