カウンターお寿司屋さんの豆知識

お寿司屋さんでは様々な専門用語があります。まず、醤油のことを紫といいます。これは醤油の色からきています。そのほかに、醤油が高価だったため徳の高い色を紫としたことも言われています。お寿司屋さんで出るお茶のことをあがりといいます。あがりは上がり花からきているそうです。これは花柳界で最後に出されたお茶のことを言うそうです。

上野のお寿司屋さんで聞いたのですが、本来は職人や店主などの店内の人が使う言葉です。お寿司に重要なわさびはなみだと言います。わさびが効き過ぎると涙が出ることから言われたそうです。そして、涙巻きというのがあり、わさびだけで巻いた細巻きのことを言います。

定番の寿司飯はしゃりと言います。仏舎利というお釈迦様の遺骨からきています。ご飯の白い色や形が火葬したあとの骨と似ていることからきているそうです。

甘酢漬け生姜をガリと言って、噛むときにガリっという音からガリとつけられました。その他にも根生姜を削る音からきたとも言われています。