カウンターのお寿司屋さんを楽しむコツ

カウンターで寿司を食べたい時には、ある程度予算はゆとりを持たせておくと良いかもしれません。
老舗の寿司屋さんや名店と呼ばれるような有名なお店でない場合には、数千円あれば十分良いネタを堪能することも出来ますが、高級店であれば2万円以上かかることもあるようです。

私はあまり収入的に頻繁にカウンターの寿司屋には入れないのですが、行くからには美味しいお寿司を堪能したいと思います。
金沢でこの前宴会に使った寿司屋は、非常に満足できるお店でしたね。
日常的には無理であっても、たまに贅沢をしたい時や、何らかの記念日や自分へのご褒美としてもカウンターで寿司を味わうということは日本人として非常に良い行動だと思います。
カウンターで寿司を楽しみたい時には、まずは白身の魚からお願いするとおすすめです。
最初から脂っこい魚や味が濃いネタを食べてしまいますと、淡泊な白身の旨味がわかりづらくなってしまうからです。
徐々に光物や濃厚なネタを頼み、最後は甘口のネタを食べたり、巻物を食べて締めるのが定番の寿司の食べ方です。